切れ痔になり出産を迎えたのは便秘のせい

軟膏と座薬を処方された痔での体験談です。私は昔から便秘で悩まされていたのですが、20歳を超えた頃、痔に悩まされるようになりました。
一週間程便がでない事もあり、腸の中で水分がなくなり硬く太くなった便を無理矢理出すため痔になったようです。
便と一緒に血が出ていたので切れ痔だと思います。

でも恥ずかしいし病院には行けずでした。
そして私は妊娠して出産を迎えました。
出産後看護師さんに内診してもらうのですが、その時にイボ痔だと言われて軟膏と座薬を処方されました。
出産でいきむときに痔になる人が多いそうです。
私は会陰切開の傷が深かったので、産後の痛みとイボ痔のダブルの痛さでとても辛かったです。
それに切開の傷と痔が痛む為、便をすることに恐怖心があり産後の四日間は便をすることが出来ませんでした。
でも、痔の悪化は便秘にあるということも知っていたので、看護師さんに便秘薬を処方してもらいました。
その後はとにかく清潔にして、軟膏や座薬で治しました。
またイボ痔になりたくないので、柔らかい便を出すためにマグネシウムのサプリを時々摂取して便秘に気を付けています。